« 東大の平尾教授に会いに行く | トップページ | アブラムシ »

2007年6月 5日 (火)

苦戦する木も

Imgp5126Imgp4844Imgp4187森のようすですが、いいことばかりではありません。今日から数回にわたって、あんまりよくない状況について書いておきます。

まず、根がつかない木があるという話。いちばん左はクヌギですが、クヌギが着きません。限りなく全滅に近いです。コナラとクヌギは、植林に来てくれた方はおわかりの通り、ポットに入っていない、抜いた苗でした。植林時期が後半の会になったこと、植えるときに根が乾き加減だったことが災いしたのでしょう。でもコナラの方は比較的着きがよく、コナラは60~70%は葉が出ているようです。

でも森全体としてはあまり問題がなく、コナラはもともとあった切り株からひこばえがけっこうでているのでカバーできます。クヌギは六兼屋の庭にもたくさん自生の実生(みしょう:ドングリからでた苗木)があるので、梅雨の合間に抜いて移植しようと思います。秋にドングリを拾って、実生を育てる会をやってもいいし。

左から2枚目は抜けて下まった苗。雨でゆるんで、風で抜けたのでしょう。見つけたときは少し葉が緑だったので、うちにおろして水をたっぷりやって養生したのですが、この2株はダメになってしまいました。右のコブシも、同じく抜けていたのを見つけたのですが、こちらもダメかと思ったら、葉が1枚緑で残っているので、復活するかもしれません。この株は、スズピロさんの苗木なので、何とかがんばってもらいたいですね。

うまくいくものばかりではありません。

|

« 東大の平尾教授に会いに行く | トップページ | アブラムシ »

コメント

やはり良いことばかりじゃないですね~
長い時間をかけて里山を再生させないとですね!!

投稿: のり@Er | 2007年6月 6日 (水) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苦戦する木も:

« 東大の平尾教授に会いに行く | トップページ | アブラムシ »