トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

植林する樹種はこんな木

落葉広葉樹といわれても、ピンと来ないというのが普通だと思うので、木について少し説明します。

落葉樹というのは、丸っこい平たい葉っぱが付いている木の中で、秋になると紅葉して散り、冬は裸になっている木です。東京など大都市でも、街路樹や公園の木としてたくさん植えられていて、東京の代表的な街路樹を紹介してみましょう。

続きを読む "植林する樹種はこんな木"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

「Present Tree in 南八ヶ岳」にご協力をお願いします。

■[one phraze introdution] 全体についてコンパクトなご案内

   
1万円から参加できる、目に見える一歩です。
日本の里山の森をあなたの力で、のちの世代のために残せます。
(里山の森の保全に直接関われる機会は、意外に多くありません)

★植樹は2007年4月にすませましたが、引き続き、寄付をお待ちしています★

続きを読む "「Present Tree in 南八ヶ岳」にご協力をお願いします。"

| | コメント (9) | トラックバック (3)

[information]寄付にともなう「植林証明書」を発行します

寄付をいただいた方には、以下のような証明書を発行します。

樹種:クヌギ/コナラ/ソメイヨシノ/ケヤキ/エノキ/カエデなど
本数:__本
場所:山梨県北杜市高根町下黒沢
番号:
日付:
契約番号:

続きを読む "[information]寄付にともなう「植林証明書」を発行します"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

[information]所在地と運営について

■[organization]NPO法人環境リレーションズ研究所と水族館文庫が運営します

「ヤマガラの森」は、内閣府認証のNPO法人「環境リレーションズ研究所」と、株式会社水族館文庫が共同で運営責任を負います。

水族館文庫代表の渡辺パコは、ヤマガラの森の隣接地にセカンドハウス「六兼屋」を所有しており、ここで四季を通じて1年の3分の1を過ごしています。つまり、ヤマガラの森は実質的に常駐の管理人がいる状態に近い保護林を言うことができます。

続きを読む "[information]所在地と運営について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[entertainments]予定しているイベントの例

「ヤマガラの森」では、単に植林を行って森を育てるだけでなく、以下のような活動を行うことで、育てた林を利用し、楽しみ、森と関わるあなたの心と体を快適にする機会を用意します。

定期的にイベントを開催し、またお好きなときにおいでいただき、以下のような体験や学びができます。

(1)森林を自分の手で育てる

植林、雑草刈り、間伐、チェーンソーや草刈り機などの体験と、薪割りや工作など、木の利用体験を通じて、森を自ら育てる体験ができ、木が育つ実感を数年単位の長期にわたって楽しむことができます。

(2)里山の自然を学ぶ

続きを読む "[entertainments]予定しているイベントの例"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[for your information] 里山を保全する理由

○里山は日本の自然の代表格、しかし、危機に瀕しています

日本人は、古来、水田と畑、里山(雑木林)、そして民家を主要な構成要素とする生産と生活の単位「里地」(さとち)をつくってきました。今僕たちが「日本の自然」として思い出す風景は、田畑と林という里地の風景で、美しい里山・里地こそが、日本の自然の代表格です。

しかし、今、里山・里地は、見捨てられ、本来の姿を失いつつあります。輸入農産物に押されて田畑は使われなくなり、継続的に手を入れて育ててきた里山は手入れをする人がいなくなって、荒れています。これまでは、地域の人の手でなんとか維持されてきたものの、役割を失った里山は未来を失って、崩壊しつつあります。

○里山は見落とされた存在になりつつあります

続きを読む "[for your information] 里山を保全する理由"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

プロジェクトに対するfaq(よくある質問)

Q.寄付によって植えられた木は自分のものになるのですか?

A.なりません。木はNPO法人環境リレーションズ研究所に帰属し、一定の管理基準に従って、森林として保全されます。[Present Tree in 南八ヶ岳](1万円コース))では、寄付した方のネームプレートを木につけて管理しますが、その木に対する所有権ではなく、植林の記念のプレートとお考えください。

Q.植えられた木はずっと残るのですか?

続きを読む "プロジェクトに対するfaq(よくある質問)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年2月 »