« 「意思伝達編」のハングル版が出ました | Main | Alfaミーティング@六兼屋?! »

Victor Everio GZ-MC200を買いました

IMGP5205IMGP5206ビデオカメラを買っちゃいました。今のところ唯一のHDD記録VTRカメラシリーズで、Victor製です。みての通りのボディですが、見た目よりずっと小さい印象で、手の小さい僕でも指のほうが余ってしまうほど。300グラムほどの重さは、サイズの割にはちょっと重量感を感じると言うところだけれど、ふつうのビデオカメラと比べたら軽量で持ち運びもラクです。同じメカでMC100という縦型、フリップ液晶のモデルもあるのだけれど、やっぱりデザイン買いで、MC200に。

これまではSONYのMicroMVという小さなカセットテープを使う機種(IP-220K)を使ってきたのですが、これが買ってみたら口ほどにもない。しっかりしてくれよ、ソニー。まあそれでもガマンして使ってきたのですが、前から気になっていたHDDビデオが、新機種投入(これも3CCDで魅力的だったのですが、お高いので敬遠しました)で値が下がったでの、この期に買い換えました。SONYのビデオカメラは近くのPCデポで売却しちゃいます。

SONYのIP220は、DVDと同じMPEG方式で画質よく、PCとの相性もいい、というようなうたい文句だったのですが、実際のところは静止画はきれいだったけど、動画はまったくだらしなく、動きの速い映像だと特にノイズが強め。しかもPCとの相性は最悪。ふつうのDVの取り込みとやり方は同じなのだけれど、取り込むとやたらに画像ファイルを細切れにするし、時間のかかり具合もDVとの優位性はないし、取り込みに使えるビデオ編集ソフトは限られる(対応していないものが多い)しで、まったくの期待はずれでした。

で、今度は失敗したくないなあと思いつつ、それでも「安心のDV」ではなく、やっぱり冒険してしまうのが悪いところ。

HDDビデオのよいところは、データがHDDに記録されるので、気づかずにテープに上書きしてしまったり、古い映像が新しい映像のすきまに2秒挿入されてしまったりということがありません。とったら、HDD(マイクロドライブ)をアダプタを介してPCに差して、HDDとして認識させ、PCにコピーするだけ。ファイルの拡張子は.modとなっているけれど、中身はMPEG2で、Windows Media Playerに読ませればそのまま再生します。付属の編集ソフトだけでなく、市販のソフトでも読めるので、編集も特にストレスなし、余分な変換や取り込み作業もいりません。ここの操作性は、期待通り。PC中心に使っている僕としてはこれは、買い換えてよかった、の大きなポイントです。

画質のほうは、ほぼ満足。もともとあまりここには期待していなかったので、これで十分かな、という感じ。最近のDVはかなり画質がよくなっているようなので、そっちのほうがきれいかもしれないけれど、通常の仕様なら不満はありません。「DVD画質ですごくきれい」といううたい文句を言葉どおりに真に受けるとがっかりする人もいるかも。ただ、発色は、ハデ目だったSONYと比べると、おとなしめで、もうちょっと彩度が高いかっちりした画質がいいかな、と思えることも。レンズはどこ製何だろう、カール・ツァイスのT*レンズが着くIP-220Kと比べると、口径も小さいし、たぶん性能もかなり落ちるはず。レンズ性能が画質に直結していて、回路の問題ではないような感じです。

僕が一番必要なのが、pollyのダンスのビデオを撮る、というシチュエーションなんだけど、買う前はこの点が一番心配でした。最低光量が28ルクスで今の標準から行くとかなり弱い。うすくらいスタジオでとれなかった困ると思っていたのですが、実際にとってみると、よい、とはいえないまでも、十分。ちょっと暗めの画質だけれど、ダンスの動きにちゃんと追従した絵がとれるし、撮影場所も暗いので、絵が暗いといっても、それを正直に反映しているだけです。色は抜けがちだけど、IP-220Kの標準モードと同じぐらい。IP-220Kでは「ナイトショット」を使うとかなり明るくとれたのだけれど(MC200にはこの機能はなし)、ナイトショットは色をやめてモノクロになってしまうので、これもなんだかねえ。

静止画の性能は、200万画素と平均的。画質は、特によくはありません。いつも持ち歩いている超軽量カメラOptio Sと比べると、明らかに見劣りする解像度。さすがにペンタックス入魂のマイクロレンズ搭載のOptioとは画像の基礎技術が違う?という感じ。でも静止画きれいにとることと両立させようとは思っていないので、記録用には十分です。ちなみに、HDDスロットと別に、SDカードスロットがあり、静止画も動画も指定でどちらにも保存可能。動画はHDD、静止画はSDというのが定番でしょう。

というわけで、全体としては満足かな~というお買い物でした。あ、そうそう、バッテリーの容量が小さく、どんどん撮るとからになりやすいので、予備バッテリーはあった方がいいでしょう。最高画質にすると、HDDは1時間、バッテリーは30分ほどの撮影キャパになります。

購入に当たっては、Gadget眼科医さんのアドバイスを参考にさせていただきました。ありがとう!

|

« 「意思伝達編」のハングル版が出ました | Main | Alfaミーティング@六兼屋?! »

「digital gadget」カテゴリの記事

Comments

ご購入おめでとうございます。Gadget眼科医です。
スナップ感覚で撮影し、PCで編集、DVDで残す。今までの撮りっぱなしとは違った、新しいジャンルのビデオカメラですよね。
ちょっとユーザを選ぶ感じですが、PC中心の人にはお勧めの1つかと思います。お子さんのビデオ、どんどん撮ってください。私もほとんどのビデオが息子中心ですから . . . 面白い使い方があったら教えてください。これからもよろしく。

Posted by: Gadget眼科医 | June 12, 2005 at 13:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21077/4520718

Listed below are links to weblogs that reference Victor Everio GZ-MC200を買いました:

» everio [エブリオ日記]
everio(エブリオ)やそれに関する事を記述していきたいと思います。 写真上 今度発売されるMG70... [Read More]

Tracked on July 20, 2005 at 06:39

« 「意思伝達編」のハングル版が出ました | Main | Alfaミーティング@六兼屋?! »