« アルファ147、納車まであと1週間! | Main | 環境リレーションズ研究所の定例勉強会、開催 »

放射性物質がイギリスのセラフィールドの再処理工場で漏れ

衆議院議員の河野太郎のメルマガから。

イギリスのセラフィールド再処理工場で大規模な事故が起き、閉鎖されたとのこと。再処理工場は、原発で燃え残った使用済み核燃料を強酸で溶かし、プルトニウムを取り出して、再度原発で使える燃料をつくるという工場で、世界で稼働しているのはこのセラフィールドとフランスの工場だけでした。

ドイツも米国も、技術的な困難と不採算から撤退していて、世界の趨勢は再処理はしない、というトレンドです。かろうじて残っていたセラフィールドで大事故が起きたということは、この技術の困難さが決定づけられたものと理解するべき事象です。

にもかかわらず、日本では青森県六ヶ所村に再処理工場を造り、現在、実際の放射性物質を入れての試験中ですが、試験中にも事故が起こる可能性が指摘されていて、こうして国会議員の中にも、再処理をやめるよう求めている人もいるぐらいです。

六ヶ所村の再処理工場はフランスの技術とセラフィールドの技術を「いいとこ取り」していて、今回のセラフィールドの事故がどのようなものかわからないものの、同じような問題を六ヶ所村も抱えている可能性が否定できていません。

日本のエネルギー戦略に重要な意味を持つこの事故を、日本のメディアはほとんど報道していませんが、しょせんマスコミというのはこういう偏りを持っているのです。六ヶ所村関係者はビビっていることでしょう。

河野太郎は、父親が、新自由クラブ(かつての新党)をつくった河野洋平で、自民党内のリベラル派といえます。彼のようなりベレルが少数派に留まるのが自民党の常なんですが。


────────────────────────────────────
放射性物質がイギリスのセラフィールドの再処理工場で漏れ

      ごまめの歯ぎしり メールマガジン版
  河野太郎の国会日記


約20トンのウラニウムとプルトニウムを含むオリンピックサイズ
のプールの半分の量の放射性物質がイギリスのセラフィールドの再
処理工場で漏れ、施設が閉鎖された。
極めて強い放射能が出ているため、施設内に人が入れず、清掃には
特殊なロボットが必要で、しかも数ヶ月かかる見込みだ。
一方、日本国内の再処理についてはマスコミは議論を世の中に伝え
もしない!!
再処理にかかる費用を払うのは国民なのに、必要性もリスクも議論
がないままに集金が始まろうとしている。
やっぱりホリエモンがどこかのマスコミを買収する方が日本のため
になるような気がする。

|

« アルファ147、納車まであと1週間! | Main | 環境リレーションズ研究所の定例勉強会、開催 »

「enviroment vs business」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21077/4100088

Listed below are links to weblogs that reference 放射性物質がイギリスのセラフィールドの再処理工場で漏れ:

» ココフラッシュにマスコミ批評カテゴリーがついに登場。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
 みなさんご協力ありがとうございました。10サイトを突破しついに「マスコミ批評」 [Read More]

Tracked on May 14, 2005 at 12:37

» セラフィールド漏洩事故についての報道状況:英国あ〜んど日本 [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
【濃縮硝酸に溶解された高レベル放射能の核燃料が、オリンピック・サイズ競泳プールの半分を満たすほども漏えいしたため、セラフィールドのソープ再処理工場は閉鎖に追い込まれた。】ガーディアンhttp://www.jca.apc.org/mihama/uk_france/guard050509.htm というのに、検索した限り、報道は共同のみ。http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20050511/2... [Read More]

Tracked on May 14, 2005 at 23:27

» 英セラフィールド再処理施設で深刻な放射性液体漏れ事故―どうしてマスゴミは報道しない? [Mangiare!Cantare!Pensare!]
ここのところ(つーかずっとだけど)忙しくて、不覚にも完全に見逃してたのだけど、イギリスのセラフィールド核燃料最初の施設のソープ工場で、20トンのウランと160kgのプルトニウムが混合した83立法メートル(オリンピックプール半分の量)の放射性燃料溶液が無人エリアに漏洩する事故が起き、工場が閉鎖されているそうだ(参考:BBC "Leak spills 20 tonnes of uranium")。 さっ�... [Read More]

Tracked on May 22, 2005 at 14:08

» セラフィールド…重大性を隠匿しようとしたBBCニュース [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
セラフィールドについて、再度、海外のメディアをチェックしていたところ、BBCが4月23日時点で、報道していたことを発見しました。 http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/cumbria/4476905.stm 記事は、その半分以上を使って、「たいしたことないよ。安全」としている。 'Safe and stable' The discovery was made after a camera... [Read More]

Tracked on May 26, 2005 at 03:19

« アルファ147、納車まであと1週間! | Main | 環境リレーションズ研究所の定例勉強会、開催 »