« すあま! | Main | 目黒地区中高一貫校の説明会 »

トーメンのロジカルシンキング研修

今日はトーメンの社員研修でロジカルシンキングを行いました。
これまで言ったことがある商社の社員は固い印象の人が多くて、ちょっとやりにくいかなと思っていたのですが、トーメンのみなさんはフランクでスムーズに進めることができました。受講生に、もとクリシンで僕のクラスを受けてくれた人がふたり来てくれていて、こういうのも気持ちが落ち着きます。
今日の研修での発見は、メッセージをつくる時に、「説明のプロセス」や「考える手順」を考えてしまう人が多い、ということ。ピラミッドストラクチャで3つのキーラインをつくる場合は、3点は原則的に対等で、順番や優先順位がないようにつくる必要があります。でも「考えるプロセス」のアプローチをとると、yes/noチャートのように、途中のキーラインが決まらないと、それよりあとには進めないと考えてしまいます。たとえば「子どもができるから引越先を決める」というイシューの時に、「子どもは一人なの?ふたりなの?」というキーラインを考え、答えが出てからでないと、次の「家の広さ」が決まらないと考えると、その次の「予算」も考えることができないと考えてしまうのです。
ピラミッドストラクチャでは、キーラインに順番がついていないので、「子どもの人数が決まらなくても、収入面から考えて予算を考えることもできる」と考えます。あたまは時間の経過とともに動いていくものですが、思考の結果は時間の経過とともに一直線の軸で考えずに、考えたものから平面に小さな結論を置いていくようにして、最後に面全体がよく考えられていることをめざしていくわけです。この違いがわかるといいのですが、なかなかわからない人もいて、それ以前の考え方をunlearnしないと、ピラミッドがうまく学べないのですね。
トーメンの研修は2月に後半のday2を実施します。

|

« すあま! | Main | 目黒地区中高一貫校の説明会 »

「logical thinking」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21077/2731893

Listed below are links to weblogs that reference トーメンのロジカルシンキング研修:

« すあま! | Main | 目黒地区中高一貫校の説明会 »