« November 2004 | Main | January 2005 »

December 2004

on 20041231 @六兼屋

朝から雪が降り始め大雪に。積雪25センチというあたりで、4時頃やむ。さらさらの軽い雪で雪だるまもつくれない。日暮れまで急いで除雪。下のアスファルト道まではやったけれど、そこで力尽きた。
餅つきも5合×2回。1回目は鏡餅、2回目はのし餅。「こし自慢」があるから、餅つきはかんたん。
蕎麦打ちも。少しずつ前進しつつある(^_^)。
BSアンテナしかついてなくて、地上波がみれない六兼屋。今年はブローバンド(ヤフーBB)でハウスベンボスの年越しライブをみる。200Kbpsだけど、けっこうちゃんとみれるものだ。POの友だちのpapaがドラマーで、渡辺美里のライブのバックでたたいているのがみれたので盛り上がる。松パパ、いかしてるぞ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041230 @六兼屋

正月用のおせちなどの買い出し。大泉の自然食品店「良味屋」に毎年おせちをバラ発注していて、生協と良味屋から錦卵やかまぼこなんかがやってくる。生協が来るのを待って受け取り、買い出しに。良味屋→清泉寮パン工房→Jマート→きらら→藤乃屋(そば粉)→クロネコヤマトとフル回転でみせを回る。
すきまを見て仕事。ロジカルシンキング研修のTeachNoteをつくる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041228 @六兼屋

Toshi,Kayo & Moeがきて遊んでいく。今回はカーナビと六兼屋のウサギ型看板で、自力でたどり着いたようなので、看板の威力あり。
庭で落ち葉を集めてたき火、焼き芋。
知恵市場の今後のことなんかもいろいろ話して、よかった。
nikkeibp.jpの環境コラム、年明けの原稿執筆。
去年の秋から、しぶとく続けてきた「価値観&考え方」の本が、編集者との意見が合わず、ついに決裂。別にケンカしたわけではないけれど、たっぷり本2冊分ぐらい原稿を書いてのボツだけに、けっこう落ち込むのだった。今年はSさんに振り回されて、本が1冊もかけなかったのは返す返すも残念。途中まで原稿を書き、これでイケるかなと思うとだめ出しをされるので、他の本も手をつける気になれず、結局別の出版社にも不義理をしてしまった。これから、別の本をちゃんと書くのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041227 @六兼屋

雑用の片づけ。
ライブカメラの設定をあれこれ変更したり。こういう細々したことがけっこう好きなんだよねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041229 @六兼屋

朝から5時頃まで小雪。リゾナーレに止まっているToshiさんから「チェーン手にはいるかな?」と電話があり、あれこれさがしてみるものの、新型プリウスって、意外に太いタイヤなんだねえ(195/55R16)。チェーンの在庫が見つからず、「やみそうだし、最悪もう1泊することにして、待ってみたら」ということに。5センチぐらい積もる。
Toshiさん立ちと入れ替わりに、リゾナーレに叔母のプレゼントを買いに。リゾナーレの小さな路地風のショップ街「ピーマン通り」はわりとオリジナリティあって、買いやすい。
帰りに買い出し。きらら&Jマート。ハーブの入浴剤と石けんが売れ残り値下げになっていて、たくさん買う。気もちいいぞ。
BP環境連載原稿。ちゃんと仕事もするのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041226 @六兼屋

W君が来てくれて、就職だとかもろもろ話をする。森林関係を学ぶ学生で、環境関係の道に進みたいといって休学してインターンシップを1年やってきたというツワモノ。すぐに環境のことをやりたい気持ちはわかるけど、環境の仕事で不足しているのは、ビジネス感覚。それを先に見つけたほうが絶対いいのだけれど、うまく伝わったかな。また遊びに来てね。
コミトン187Tデザイン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041225 @六兼屋

久しぶりの六兼屋。
今日はメリクリスマス、なのに朝からずつで、あきらめてロキソニン。直るのに5時間ぐらいかかったから、重症だったのだな。前回六兼屋の予定に来れなかったので、頼んでおいた生協が、前回分と今回の分と2回分の山。肉だと火の食材もあったのだけれど、外の小屋に入れて置いてもらったので、ほとんど無事だった。外気は昼でも5~10度、夜は氷点下だから、天然の冷蔵庫状態だったのだ。大量の食材が腐らないうちに、どんどん料理。肉類は下ごしらえして冷凍したり、煮込んで冷蔵にしたり。
クリスマスディナーは、そんなわけで鳥はやめて、ダメになりそうなポークスペアリブに。すり下ろしのリンゴとショウガなどで下味を付けて、耐熱の陶器に入れて、熾火にした薪ストーブに入れること、10分。こんがり焼けた来た!ひっくり返して、野菜類を入れて、アルミホイルをかけてさらに5分。こんがり熱々のスペアリブ、おいしかった。ケーキはドイツの友人が送ってくれたパウンドケーキ(たっぷり詰まっているけど、意外に薄甘でおいしい!)と、子育てワハハから送ってくれたクリスマスブレンドハーブティー。さわやか酸味がグッド。プレゼント交換して、今年もハッピー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041224 @六兼屋

POは歯医者で虫歯の治療。穴が小さく、奥がやられていたらしく、神経がやられかけているということで、けっこう重症(C3)。痛かったらしくて、戻ってからごろごろしてた。大好きなshigeさんのダンスクラスも休講で(クリスマスイブだもんなあ)、よけいがっくし。
都内は大渋滞らしいので、かんたんに家であり合わせの食事をして、六兼屋に移動。久しぶりの六兼屋だぜ。ローソンで買ったカップ麺をハッピーに食べるクリスマスイブよ。でも最近のカップ麺っておいしいねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041223 @東京

POはもとのダンスクラスの友だちと遊びに行った!1か月前から彼女が幹事で企画して、ほとんどメールでやりとして、子どもたちだけで行けるような場所を探し、群馬に戻っているダンスの先生に連絡して、待ち合わせ場所を詳細に考え、予算を決めて持って行くお金や、先生にあげるプレゼントを考え、と周到な準備を続けて実現した日なので、すごく楽しかったみたい。こういうグループワークをメールだけでやってしまうのだよね、今の子どもたちは。
僕らは渋谷に買い物。HMVのJ-WAVEスペイン坂スタジオで生ピストン(西沢)と(秀島)史香をみて、ほほーとおもしろがり(ラジオで聞いている以上に、大変な仕事だねえ、あれは)、クリスマスプレゼントなどをお買い物。
祐天寺のシェ・リュイで、ケーキとサンドイッチを予約しておいたので、ピックアップして、ASSO宅でホームパーティ。
「考え方の本」の企画を仕上げて、編集者に送る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

六ヶ所村再処理工場稼働→とんでもない愚行

ついに六ヶ所村の再処理工場が動き出します。これはとんでもない愚行になる可能性があります。税金の無駄遣いになりかねない。再処理工場は厳密に言えば「国家予算」ではないけれど、税金もゼロではないし、結局は電気料金などとして負担がのしかかってきます。

この再処理工場は、総工費数千億円の予算で始めたのに、すでに3超円高のカネが投入されているということで、これも主に、最終的には東電が負担しています(日本原燃という再処理工場の会社に対する債務保証)。

再処理工場は、フランス、イギリスで稼働中ですが、イギリスはすでにほぼ休止状態、フランスも休止がほぼ決まっていて、ドイツはすでに廃止。米国はもともと「使用済み核燃料はそのまま砂漠に埋める」方針なので、再処理はしていない。

欧州の再処理工場は、いずれも事故が多発し、運転してもみ合わないと見ているようです。フランスの工場は、原爆や水爆製造の技術を手元に置くという意味合いで、運転しているのでは、というのが環境専門家の見方です。

再処理工程は強酸(硝酸など)の中で行われるので、強酸水を入れておくプールを何でつくっても、すぐに腐食し、漏れてしまう。当然、漏れた強酸水は強い放射能に汚染されている。これが再処理工場がしょっちゅう事故を起こして停止する原因です。


とかとか、ざっくり解説すると、山中ねえさんが細かい修正を指摘してくれそうなんですが、よろしく、かな。


以下、産経新聞の記事。

原燃、ウラン試験を開始 使用済み核燃料再処理 六ケ所村(12/22)
http://www.sankei.co.jp/eco/
────────────────────────────────────
日本原燃は21日、青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場で、放射性物質の劣化ウランを使用したウラン試験(稼働試験)を開始した。旧通産省(現経産省)の再処理コスト試算隠しや関西電力美浜原発の死傷事故などで何度も延期を余儀なくされていたが、年内スタートにこぎつけた。試験は約1年間の予定。その後、原子力発電所の使用済み燃料を使った総合試験を行い、18年7月の本格操業を目指す。

原発の使用済み核燃料からウランとプルトニウムを取り出す再処理事業は、国の核燃料サイクル政策の根幹をなしており、実現に向けて一歩を踏み出した。

原燃は平成13年から、空気や水を使った「通水作動試験」、硝酸などの化学物質を使った「化学試験」を実施し、工場内の機器の不具合を確認するなど作業員の技術向上を図ってきた。ウラン試験は放射性物質を使用する点で、新たな領域に踏み込む。

使用する劣化ウランは、実際の使用済み燃料に比べて放射能レベルが極めて低く、試験中に不具合が生じても「作業員が近づいて対処することが可能」(原燃)という。しかし、一度使用されると配管などが放射能で汚染され、解体が困難になるとの指摘もある。

また、使用済み燃料の貯蔵プールで不良溶接が原因の水漏れを起こしたり、今年に入って国側で核燃料サイクル政策の見直し論が浮上するなどし、安全協定の協議が難航。このため13回もの計画変更を余儀なくされた。


■核燃料再処理工場 原発の使用済み核燃料から、再利用のためウランとプルトニウムを取り出す工場で、電力会社などが出資する日本原燃が青森県六ケ所村に立地。設備はほぼ完成したが、ウラン試験の結果を基に、必要な手直し作業を検討する。年間800トンの使用済み核燃料を処理する計画で、核燃料サイクルの中核施設となる。

2004/12/21(産経新聞夕刊) 
────────────────────────────────────


一方、ハーバード大で核燃料問題を研究するマシュー・バン同大上席研究員がこ
の件について今年4月にインタービューに応えていたのは

────────────────────────────────────
http://www.asyura2.com/0403/genpatu2/msg/167.html
「いったん放射性物質を使った試験をすると、施設の廃棄コストは跳ね上がる。現段階で日本にとって最善なのは、取り戻せない巨費の新規発生を防いだうえで、あらゆる選択肢を温存することだ。再処理工場は、いざとなれば数年で稼働できる現状を維持する一方、使用済み核燃料の乾式貯蔵施設を用意する。数十年は結論を出さずに貯蔵し、最終処分と再処理の双方の研究を続け、技術やコスト、政治情勢をみて判断すればいい」
────────────────────────────────────

とのこと。

多くの専門家は、この再処理工場がまともに稼働するとは考えていません。いったん放射能に汚染されると、工場を修理するのも廃棄するのも、コストが跳ね上がる。とんでもない負担が、最後は日本国民のもとにやってきます。この決断の意味を、よく記憶しておく必要があります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041222 @東京

白パソの設定。
POは歯医者。うまく抜けない乳歯を抜いてもらう。
そのあと、POはNOAダンスの打上げに笑笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041221 @東京

白パソ設定。なかなかコンパクトでよろしい。しかしこのモニターサイズで表示される字は小さくて、もはや見にくくもあるねえ。
u-pride。ここのダンス・レッスンの料金システムは、月4回FIXで、受講できなかったときは翌月1ヶ月まで振り替え可能、というシステムなのだけれど、振り替えられるのがキッズクラスだけ、という制約があって、実質的には振り替え先がないので、六兼屋に行っているあいた、休むことになるPOはどうしても権利が余ってしまい、消滅することに。救済措置として、おとなクラスに出るか、休会してたまった権利を消化するとか、なんかさせてくれと、受付のおねいさんにねじ込んでみる。金だけ取って、契約だからと権利を消滅させるやり方は、もはやおかしいと思うのだけれどね。
珈琲館で、新パソでモバワーク。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041220 @東京

クルマ6か月点検。メガーヌからの縁で、なぜかゴルフになってからも東京日産に点検に入れている。「ぜひうちに入れてください」と熱心に電話をくれたり、忙しいというと取りに来てくれたり(6か月点検ぐらいで)、点検に出すと洗車しておいてくれたり、と細かなフォローがすごい。お客をしっかり押さえておこうという姿勢に好感が持てる。日産は、末端まで変わろうとしているね。ちなみにここの営業所は場所柄もあり、ルノーとジャガーもやっているので、輸入車の技術レベルも上がっているようだし。「特殊工具も、ルノーとジャガーのどちらかが持っていることが多いので、たいていはどうにかなります」とのこと。
点検中に、新宿ヨドバシカメラに行って、自分のためのクリスマスプレゼントをゲット。ちょっとした臨時収入をとっておいた現金で、値下げされたシャープのモバイルPC「白パソ」MURAMASA CV50FWをゲット。12万9800円也。すでに型落ち寸前だけど、年末に新機種が出なかったところを見ると、この機種はこれでおしまいかも。フェニックスデザインのフォルムが美しいので、デザイン買い。性能面では凡庸なのだけれどね。でもさすがのシャープ液晶は実に美しい。あと、USBケーブルで母艦にさすと、外付けHDDとして認識するDirectHDDは、持ち出すときに軽快になると期待。HDDが20GBと小さいのが最大の難点だね。戻って設定。
SAMスタにメ~。POが秋からダンス三昧なので、パパはシツジ状態。忠実なるヒツジさんの気分なのだ。しかしこの4か月で飛躍的にうまくなったぞ。
POのダンス中に、渋谷に行ってカールヘルムのパンツの裾上げを取りに行く。HMVのJ-WAVEスペイン坂スタジオに行って、放送中のグルーブライン秀島史香ちゃんと生ピストンを見に行く。生史香は写真よりかわいいぞ。
POは夜10時までレッスンで、そのあとワタミで食事をする不良家族よ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041219 @東京

カット。年末の日曜日だけど、いつも行っているAshはスタッフの人数も多いので、回転がいい。今回のヘアカラーはメッシュに挑戦。まゆカットも。まゆを整えると、けっこう別人になるね。
環境コラム執筆。単行本化をねらっているので、11月までの原稿より時間がかかる。
NOAに送迎。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041218 @東京

「考え方の本」企画執筆。これがなかなか難航中だが、しぶとく進めるのだ。
コミトン186P MBA化する政治、デザイン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041217 @東京

コミトン186P MBA化する政治、執筆。
POはお疲れで今日はRIKAさんのクラスを欠席。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041216 @東京

今日はもろもろ雑用を片づけ。
SAMスタ→広尾カフェデュプレでモバイル。もばいるもお悩みが多いねえ。データの持ち出し、通信ツール。それに、もうひとつ重要なのは、たばこの被害に遭わないオシャレなカフェ。ほんと、たばこは世の中から抹殺したい気分じゃ。最近。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041215 @東京

跡見学園高校2年生環境問題の講演。5時おき→11時にはもどり。
早起きして眠いので、昼寝。
CRT200410-6→懇親会。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041214 @東京

環境ビジコン@地球博ミーティング。まだどうなるかわからないプロジェクトなんだけど、うまくローンチできたらおもしろい。
明日の環境問題の講演の準備。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041213 @東京

総務省過疎対策室でmeeting。地域主導の新しい産業の萌芽を調査し、仮説を立てたり、支援策を決める基礎となる調査を行う。調査フレーム造りに協力しているのだけれど、ま、お国のために知的ボランティア、だね。
公演で疲れて風邪ひきなのに(学校だって休んじゃったのに)、SAMスタに踊りに行くpoをピックアップ→揚州商人へ。
環境コラム原稿執筆。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041212 @東京

NOA Dance Impact2004 day2。
今日は12:30~と17:30~の2公演。
すごいや~。ダンサーのおねいさんたちはほとんどビキニだとか、へそピアスだとか、かなりの露出度だし、出し物によってはエロティックだったりと、けっこう着てます。poのおともで狭い楽屋の通路とかでひたすら待ち。biと交代だけれど、それでも疲れるねえ。待ち、待ち、待ち、待ち、という感じ。それでも子どもたちがやることだから、ほったらかしにもできないし。
他のママたちが言うように「すごい感動する!」という感じではないけれど、ひとつのことをやったなーという満足感は得られるので、ま、老後の語りぐさにはぴったりだね。
ひとつはっきりしているのは、日本の次ぎの時代を開くのは、ものづくりだとか、ITだとかではなく、ダンスやら音楽やらアニメやら、というポップカルチャーじゃないかなーという点。若い人たちのエネルギーがすごいし、水準もかなり高い。ITなんか、はっきり言って産業として古すぎるんじゃない?という感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041211 @東京

NOA Dance Impact2004 day1。poが出るダンスの公演当日です。会場は神宮外苑の日本青年館。出場者200人オーバー、観客動員数は3公演で5000人というけっこう大きなイベントなので、いやーまじ大変。それに加えて、ママたちの思いやら確執やらが交錯して、それも大変、というか、ある意味そっちの方が大変かな。
午前中から最後の練習、通しリハ、18:30から本公演。なかなかにぎやかで楽しいイベントになりました。やってるほうは疲れるけどね~。
[知恵市場 Commiton]185 デザイン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「35歳からは~」の韓国語版

IMGP3484IMGP3486「35歳からは好きなことでお金を稼ぐ」の韓国語版が出ました! いや~、おもしろいですね。これって、本当に僕が書いたものなのか、見当もつきませんが、ハングルに続いてFavoriteなんて書いてあるし、見返しには日本語で「渡辺パコ」と書いてあるので、やっぱり僕の本みたいです。ぽっぽプロデュースのイラストはなくなってましたが、青字が入って2色刷でした。
「論理力」シリーズ3冊も韓国語版になっているはずなので、そういえば見てみたいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041210 @東京

渋谷パルコのカールヘルムに冬服を買いに。服を買うのは久しぶりだ~。パンキーなパンツ(ズボンね)、オレンジのシャツ、ウェスタンフレーバーの白シャツ。
パルコの同じフロアにあったロンドン系ファッションReady Steady Goで、モスグリーンのコート。これはスゴイめっけもの。素材といい、色合いといい、実にすばらしい。しめてちょうど10万円、という感じかな。これでらいシーズンぐらいまで乗り切れそう。
現場リハーサルに日本青年館。
来週の、跡見学園での環境問題について講演会の準備。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041209 @東京

請求事務など、もろもろ事務処理。
Poの公演のリハーサル@高円寺ヴァーシティホール。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041208 @東京

日立国際研修day3。今年の企業研修はこれで最終。あとは年明けのオラクル。
NOAでダンスのPOをピックアップして、学大「わたみんち」。和民→わたみん家にリニュアルして、冷麺がなくなって残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041207 @東京

明日の研修の準備。レポートを出してもらっているので、30人分を見て、クラスの進め方を考える。
リハーサル@高円寺。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041206 @東京

ちとまとまった入金があったので、銀行を何軒か回って、入出金のメンテナンス。公私とも、10個ぐらいの通帳があるので、管理だけで大変。個人と会社、各1の通帳ですめばいいのだけれど、六兼屋の公共的な料金の一部は郵便局や特定の金融機関、ローンも甲府信用金庫だし、高根町から北杜市になって固定資産税の引き落とし銀行の指定が変わったり。インターネットバンキングができてかなり便利にはなったけれど、まだ行かなくてはすまないことも多いし。
ErのRes Members Meeting。POと行って、SAMスタに落とし、終わってから拾って帰る。
BPイノベータの新連載原稿。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041205 @東京

夜から朝にかけて、すごい強風&強雨。
陽が出てからは熱くなって20度オーバー。今年の天気はすごいね。
コミトンデザイン。
総務省の過疎対策調査に関する企画とコメント。お国にご奉仕だな。知的ボランティアともいう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041204 @東京

NOA公演のリハーサルで高円寺のバーシティホールへ。親のほうは子どものサポートなのだけれど(半分、チャイドル状態でもある)、待ちが多くて大変。14:30から出演回のリハーサル、20:30からフィナーレのリハ。やっている正味時間は短いのだけれど、前後、用があるようなないような。PCを持ち込んで、混んだ待合室で椅子を確保し、総務省の企画書書き。こういうタイミングってけっこう集中力出るのだよ。
待ちの時間で中野ブロードウェイへ。ここの2~3階のお宅の世界は、ますますパワーアップしてすごい。ゴミみたいな食玩やフィギュアに値が付き、ガンガン売買されていく。まんだらけの買い取りコーナーもすごいし。
帰って、夜はコミトン184P イラクの自衛隊はいつ帰れる?(3)執筆。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041203 @東京

羊のメーさんでSAMスタ。LINK & SUBARU。
Familiar-eの依頼をSAMに。
「考え方の本」原稿。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041202 @東京

総務省のAさんを、過疎対策案件で訪問。国も焦点が定まらないし、自治体も企画力がないので、地方の豊かさ本物にならない。何をどうしていくのか、考え方を創造する必要がありそう。
SAMスタにPを送りつつ、天現寺ZOYでモバイルワーク。auのwinの携帯にUSBケーブルをつないで、高速モバイル通信。公称2Mbpsのところ、実測300kbpsぐらいの感じかな。もうちょっと出るとよいんだけど。それより、通信していると携帯のバッテリー切れがあまりに速い。1.5時間ぐらいで死んでしまった。パケット代も、う~ん、もっと安くなってほしいなあ。
1月17日のMMCのワークショップの企画。環境経営でやろうかと思ったのだけれど、デュアルライフ時用の人材戦略のテーマでやろうかな。
帰りに、自由が丘谷沢川で久しぶりにウナギだ(^^)。に、過疎対策案件で訪問。国も焦点が定まらないし、自治体も企画力がないので、地方の豊かさ本物にならない。何をどうしていくのか、考え方を創造する必要がありそう。
SAMスタにPを送りつつ、天現寺ZOYでモバイルワーク。auのwinの携帯にUSBケーブルをつないで、高速モバイル通信。公称2Mbpsのところ、実測300kbpsぐらいの感じかな。もうちょっと出るとよいんだけど。それより、通信していると携帯のバッテリー切れがあまりに速い。1.5時間ぐらいで死んでしまった。パケット代も、う~ん、もっと安くなってほしいなあ。
1月17日のMMCのワークショップの企画。環境経営でやろうかと思ったのだけれど、デュアルライフ時用の人材戦略のテーマでやろうかな。
帰りに、自由が丘谷沢川で久しぶりにウナギだ(^^)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041201 @東京

移動日。12:00→14:30。だんだん移動の感覚が変ってきて、1時間ちょっとの拘束の移動が短く感じられるようになってきた。中央高速のコーナーひとつひとつの形を覚えて、道をゆっくり頼めるような感じ。うまく表現できないけれど、速く走ろうとしているわけではないけれど、時間は早くたつ。気持ちの密度が高くなったのかも。
CRT200410-5。
またまた東京ライフだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on 20041130 @東京

CRT5回目の準備。この回は課題が全面的に新しくなって2期目、まだクラスの進め方に工夫が足りない感じで試行錯誤が続く。
12月から始める日経BPサイトでの環境経営の新連載の原稿を書き始める。連載をまとめて来春単行本にする予定。
夕方、久しぶりに薪割りを少し。気持ちいいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »