March 17, 2008

ヌヴォラ党山梨オフ、六兼屋に!

ヌヴォラ党というグループがありまして。
ヌヴォラというのは、アルファロメオのボディカラーの名前で、ヌヴォラブルー、ヌヴォラホワイト、ヌヴォラレッドの3色があります。マイカ(雲母)系の塗装で、周囲の色や光の反射で、いろいろな色に見えます。僕のAlfa156はヌヴォラブルーなんですが、青に見えたり、黄色っぽく見えたり、緑っぽく見えたり、ただのシルバーに見えたり、けっこう変わって見えるんですね。

で、Alfa乗りの中でもヌヴォラカラーのオーナーだけが集まったのがヌヴォラ党で、去年くれに156に買い換えたころに、ネットで見つけて「入党」しました。その甲斐の山梨オフミーティングが、今日あったので、さっそく参加。八ヶ岳近辺を隊列組んでドライブ&おしゃべりしてから、六兼屋によってもらいました。見よ、ぎっしり埋まったアルファ軍団!

これはタノシ~光景です。すいません、1台だけ、下に止めてもらっています、参加者は7組、7代のアルファが集まりました。

Imgp7167_2

Imgp7199

▼こちらは途中で寄ったリゾナーレの駐車場にて。
Imgp7068

Imgp7066
実に壮観ですね。

ところで、リゾナーレにいったら、こんなプレートが。
Imgp7071
なにやら、会議中のようでした。さすがに、寄りませんでしたけどね~。

| | Comments (12)

February 21, 2008

裏山の残雪

裏山も雪がだいぶ融けてきました。奥の方が「ヤマガラの森」です。少し雪が残っているのが見えますね。山の春はまだ先です。SMC PENTAX DA10mm-17mm FISH-EYE F3.5-4.5

Imgp6185

| | Comments (0)

February 17, 2008

冬晴れ

2月の厳冬期の六兼屋。

でも、この時期は日差しがどんどん強くなって、春の気配が近づいてくる季節でもあります。天気も晴れで安定してきて、日が延びて、5時過ぎまで明るくなってきました。年末年始は4時には夕暮れだったので、ずいぶん違います。

雪が降ることが多いので、甲斐駒も鳳凰も、そしてこのあたりも雪景色が残っています。六兼屋に下りてくる向こう岸の坂もバリバリ凍り付いてますが、積雪としては10センチ程度。庭も半分ぐらい雪が残っていますが、日当たりのいいところから乾いてきている感じです。

Imgp6188 Imgp6183

| | Comments (0)

February 03, 2008

諏訪湖の御神渡りを見てきました

諏訪湖の御神渡り(おみわたり)。

全面結氷した湖面に、亀裂というか、盛り上がりができ、それが湖岸から向こうの湖岸にとつながって、通り道のようになる現象です。水は凍ると体積が大きくなるので、全面結氷すると、行き場を失った氷が盛り上がるという自然現象。

それを、諏訪湖の人々は、諏訪大社の上社の男神が下社の女神に会いに行ったあとと考え、宗教行事にしてきました。おみわたりができると、上社の神主が湖面にいって、その線の形で、吉凶を占うという習慣が、今も続いています。

おみわたりは、かつてはほぼ毎年会ったそうですが、今は数年に1階という感じで、去年は暖冬でなし、一昨年以来です。

2001年に六兼屋ができてから、一度御神渡りを見たいと思っていたのですが、そういうわけでできる年とできない年があるし、できても東京にいる日程だと、六兼屋に来たらもう融けていたということもあります。そんなわけで、これまで7年間、一度も行けなかったのですが、ついに行くことができました。

Imgp5833
▲諏訪湖の南西岸、「湊」にできた、今年いちばんはっきりとした御神渡り。ほかにも数本の不明瞭な御神渡りがあります。

Imgp5836
▲氷がぶつかり合って盛り上がる高さは、最大で40~50㎝ぐらいでしょうか。大半は20センチぐらいです。氷の薄さはまだ薄く、音が乗るの無理、という感じです。

Imgp5841
▲地名になっている湊の小さな港。ディンギーや漁船が氷詰めになっています。

Imgp5881
▲港から北に向かってできている御神渡りは、対岸の「プリンスホテル」あたりまで来ます。寒いけど、なかなかロマンチックなものでした。地元の人や他府県ナンバーの人が集まって、南西側は周回路が少し混雑していました。北側の「プリンスホテル」周辺は、場所も広く、人も少なくて、見やすい感じです。

| | Comments (8)

January 21, 2008

雪です

雪が降りました。この冬、2回目かな。でも、たいした量じゃありません。この記事を書いているうちに日が出てきて、屋根からどんどん水が落ちています。今日か明日には消えてしまうでしょう。

156にまつげが凍ったみたいなつららは笑えます。

Imgp5698

Imgp5694

Imgp5690

レンズは上から、
SMC PENTAX DA10mm-17mm FISH-EYE F3.5-4.5
SMC PENTAX FA43mm F1.9 Limited
SMC PENTAX FA77mm F1.8 Limited

| | Comments (1)

January 12, 2008

飛騨高山に行ってきました

Imgp5298

今年は旅行に行こう、ということで、第一弾として飛騨高山に行ってきました。六兼屋から出て、1泊ですけど、東京発と違って、市街をでるまでに時間がかかる、ということがないので、距離が稼げます。

松本まで高速、R158で安房峠を越えて高山というルートです。松本から安房峠に向かうルートは、何度か通っていますが、すごい谷間で、ビビりますね。山道をガンガンは知るのは好きなんですけどね、もちろん。

今回は真冬ということで、雪や凍結が気になりましたが、温暖化の影響でしょう、気温は高く、ごく一部を除いて、最後まで雪はありませんでした。

写真は、高山の「アソシアリゾートホテル」から見下ろした高山市内。この季節なので、天気はどんより曇りでしたが、やはり気温は高く、雪にならずに雨になるというような感じで、楽でした。ま、雪でも降った方が風情はいいのですけどね。

六兼屋は冬で庭も静かなものなので、しばし高山の写真をお送りします。

| | Comments (0)

January 01, 2008

六兼屋のおせち&初詣

Imgp4739Imgp4769
元日ですね~のんびり朝寝坊してから、おもむろに起き出して、おせちの用意です。買ったもの半分、つくったもの半分、という感じですね。今年は黒いお盆を用意したので、いつものお重ではないのですが、お重はまた夜に出しましょう。そのあと、これも毎年恒例の、小淵沢の身曽岐神社へ。去年は大河ドラマの影響で大型バスに乗り付けて団体さんが来たのですが、今年は例年の雰囲気に戻り、のんびりしたもの。天気は曇り時々日差しという感じだったのですが、空気が冷えていて、寒かった~。

SMC PENTAX FA43mm F1.9 Limited(上)
SMC-PENTAX DA FISH-EYE 10mm-17mm F3.5-5.5(下)

| | Comments (0)

December 31, 2007

大晦日の朝は雪景色

Imgp4510
Imgp4509
Imgp4514
大晦日の朝はうっすらと雪景色です。昨日は昼間から、時々雪が舞う天気だったのですが、夜、一時一気に降ってからふっとやんでしまい、その雪が朝まで残っていました。じょじょに雲が切れて、日が差してきました。

SMC-PENTAX DA FISH-EYE 10mm-17mm F3.5-5.5(3枚とも) 

| | Comments (0)

December 06, 2007

葉がだいぶ落ちてきました

Imgp3065
最近の六兼屋ガーデン。落ち葉があちこちに降り積もって、かさかさいっています。秋のうちにとっておかないと、春、タイムの芝がうまく伸びないのだよね。これが大変なんだな。

SMC-PENTAX DA FISH-EYE 10mm-17mm F3.5-5.5

| | Comments (0)

October 16, 2007

六兼屋ガーデンの全景

Imgp0376Imgp0375最近の六兼屋ガーデン。涼しくなって、雨も多くなったので、タイム芝がだいぶ元気になってきました。夏、暑さと日照りが続くと、どうしても枯れて来ちゃうのだった。SMC PENTAX DA10-17mm Fisheye F3.5-4.5。魚眼じゃ。

| | Comments (0)