April 04, 2008

カワラヒワ、歩く

Imgp7628 Imgp7631

カワラヒワです。あんまり地面を歩くところは見ない鳥なんですが、歩いてました。コウしてみると、きれいな鳥ですよね~。飾り羽の黄色が本当にきれいです。

この鳥に限らず、小鳥たちは地面を歩くときは、ガニマタです。で、しっぽを上げて、何となく、バランス悪そうにしています。やっぱり枝に止まっている方がしっくり来るんでしょうね。SIGMA DC 18mm-200mm F3.5-6.3 + KENKO TELEPLUS ×1.5 SHQ

| | Comments (1)

April 02, 2008

強風、砂嵐

Imgp7637

今日はすごい風でした。一昨日の夕方から雨で、昨日の昼間でけっこうな量降り続けました。山の上の方は雪になったようですが、このあたりは雨でした。夜になって星が出たのですが、今度は冷えてきて、氷点下ぎりぎりの気温で、この時期としてはまだかなり冷えている感じです。

一夜明けて、今日の朝は快晴だったのですが、今度は風が吹いてきて、西から冷たい風が吹きまくって、ごらんの通り、畑の土が舞い上がって、あたりは黄色っぽくなっていました。午後3時頃にはだいぶ収まってきて、「ヤマガラの森」の作業がすこしできたのですが、なかなか自然はすごいですね~。SIGMA DC 18mm-200mm F3.5-6.3

| | Comments (0)

March 27, 2008

クヌギのドングリが芽を出した

クヌギのドングリが、枯葉の下から出てきました。芽が出ているのがわかるかな。芽というか、根なんだと思うけど。

| | Comments (0)

February 20, 2008

ふくらむヒヨドリ

ぼさぼさ頭のヒヨドリがやってきます。寒がりなのか、羽をふくらませて、見慣れないマルこっさになっていますが、小鳥たちの倍ぐらいあるサイズと、鋭いくちばしがヒヨドリの証。最初のころはほかの小鳥を蹴散らしてエサ場を独占していたのですが、最近はほしいだけつついて去るようになりました。学習するんだろうな。SIGMA DC 18mm-200mm F3.5-6.3 + ケンコー テレプラス ×1.5 MC4

Imgp6197

| | Comments (0)

February 19, 2008

カワラヒワ、たくさん

カワラヒワがやってくる季節になりました。毎年2月頃、団体でやってきて、クヌギやケヤキに止まって、どうやら先にやってくるのは男子チーム、そのあと少し遅れて女子チームがやってきて、合コン状態になるんだとか。男子チームだからなのか、ぐしゃぐしゃエサ台にかたまって、さや当てやじゃれ合いが見られます。ピンクのくちばしと黄色い飾り羽根がきれい。SIGMA DC 18mm-200mm F3.5-6.3 + ケンコー テレプラス ×1.5 MC4

Kawarahiwa

| | Comments (0)

February 18, 2008

シジュウカラ、間近に

この季節は毎日鳥ちゃんたちが来てくれて楽しい。

といっても、まあいつものメンバーなんですが、数が少しずつ増えてる感じかな。仕事場のすぐ横の窓から1メートもない場所にエサ台を置いているのですが、ここにもけっこう来てくれるようになりました。肉眼でもおなかの羽の毛羽立ちまで見えそうな距離ですが、450ミリ相当のレンズでとってみるとやっぱりきれいだねえ。SIGMA DC 18mm-200mm F3.5-6.3 + ケンコー テレプラス ×1.5 MC4。

ファットボールがなくなっていたので、昨日は何回も来て、寂しそうな顔をしたりして催促されてしまった。さっそくJマートにいって、ファットボールをたっぷり買ってきました。

Imgp6199_2

| | Comments (0)

February 04, 2008

雪晴れ

快晴です。昨日の大雪は深夜には上がって、星が見えていたのですが、今朝は快晴です。日差しで雪も融け始めて積雪15cmというところでしょうか。

これから雪かきしてきます。

Imgp5963Imgp5972

SMC PENTAX DA21mm F3.2 Limited
SIGMA DC 18mm-200mm F3.5-6.3 + ケンコー テレプラス ×2 MC7 DG 

| | Comments (0)

February 03, 2008

大雪です

今日は大雪になりました。東京も雪が積もっているようですが、こちらも昨日の夜から雪が降り始め、まだ降り続いています。今晩おそくまで降る、という予報になっています。

すでに長時間降っているのですが、積雪そのものは15cmぐらいかな、雪の降り加減のわりには余り積もっていません。気温が高いので、順に融けているのでしょう。ときどきかなり雨っぽい雨感じにもなりますが、基本的には雪です。

前回来た2週間前も雪だったんですが、その時はちょうど東京に戻る日だったので焦りました。今回は明後日もどりなので、のんびり雪景色を楽しんでいます。明日は晴れるようなので、除雪しなくてもあらかた融けるかも。ただ、雪が強いので、スノボの予定はキャンセルしました。またの機会に。

Imgp5927_2Imgp5929
▲雪になるとやってくるのは小鳥たち。降り続きそうだったので、昨晩遅く、バードフィーダーにエサを入れておいたのですが、雀が鈴なりです。

Imgp5946Imgp5949
▲四十雀は、ちょっと脂っこいものがおきで、ファットボールをつついています。ほかの鳥たちは、こういうアクロバチックな格好は得意ではないので、ぶら下がり系のエサ台はシジュウカラやヤマガラが専有しています。

SMC PENTAX DA21mm F3.2 Limited(一番上)
SIGMA DC 18mm-200mm F3.5-6.3 + ケンコー テレプラス ×2 MC7 DG(2~3枚目)

| | Comments (0)

諏訪湖の御神渡りを見てきました

諏訪湖の御神渡り(おみわたり)。

全面結氷した湖面に、亀裂というか、盛り上がりができ、それが湖岸から向こうの湖岸にとつながって、通り道のようになる現象です。水は凍ると体積が大きくなるので、全面結氷すると、行き場を失った氷が盛り上がるという自然現象。

それを、諏訪湖の人々は、諏訪大社の上社の男神が下社の女神に会いに行ったあとと考え、宗教行事にしてきました。おみわたりができると、上社の神主が湖面にいって、その線の形で、吉凶を占うという習慣が、今も続いています。

おみわたりは、かつてはほぼ毎年会ったそうですが、今は数年に1階という感じで、去年は暖冬でなし、一昨年以来です。

2001年に六兼屋ができてから、一度御神渡りを見たいと思っていたのですが、そういうわけでできる年とできない年があるし、できても東京にいる日程だと、六兼屋に来たらもう融けていたということもあります。そんなわけで、これまで7年間、一度も行けなかったのですが、ついに行くことができました。

Imgp5833
▲諏訪湖の南西岸、「湊」にできた、今年いちばんはっきりとした御神渡り。ほかにも数本の不明瞭な御神渡りがあります。

Imgp5836
▲氷がぶつかり合って盛り上がる高さは、最大で40~50㎝ぐらいでしょうか。大半は20センチぐらいです。氷の薄さはまだ薄く、音が乗るの無理、という感じです。

Imgp5841
▲地名になっている湊の小さな港。ディンギーや漁船が氷詰めになっています。

Imgp5881
▲港から北に向かってできている御神渡りは、対岸の「プリンスホテル」あたりまで来ます。寒いけど、なかなかロマンチックなものでした。地元の人や他府県ナンバーの人が集まって、南西側は周回路が少し混雑していました。北側の「プリンスホテル」周辺は、場所も広く、人も少なくて、見やすい感じです。

| | Comments (8)

January 28, 2008

シジュウカラとヤマガラ

Imgp5654 Imgp5665l
ご存知、ジュジュ今年中からと、やまちゃんことヤマガラです。毎日のようにやってくる人たちですが、それぞれお目当ては違っていて、ヤマガラひまわりの種、シジュウカラはファットボールがお好みなので、たぶん、固めてあるラードをつついているのでしょう。一日中外で生活する彼らにとっては、冬は脂肪分をエネルギーにしないと、体温が保てないんでしょうね。

SIGMA DC 18mm-200mm F3.5-6.3 + KENKO TELEPLUS ×1.5 SHQ(2枚とも)

| | Comments (3)