« クレマチス | Main | ジキタリス »

June 05, 2007

ヤマガラの雛、コゲラの雛

Imgp5142Imgp5165Imgp5167Imgp5176 スクープ画像です(^-^)。

左は山らの親子、右はコゲラの雛です。巣立ったばかりですね。ヤマガラは、巣立って間もないヒナが少なくとも3羽いて、親鳥2羽が、まだエサを運んでいました。六兼屋のバードフィーダーから好物のひまわりの種を運んでいっては、クヌギの枝で待っているひなの前で、タネをつついて中身を小さく割って口うつつしています。ヒナは体つきも細くて、くちばしも細くて、羽の色が薄い感じ。オレンジがまだきちんと色が出ていないみたいですね。ヒナはひまわりの種を大きいままもらってみたものの、うまく割れずに、食べられません。少しつついては、丸呑みしようとするのですが、大きすぎて口に入らず。また脚でつかんでつつき始めると、今度は落としてしまったり。やっぱり難しいんですね。練習あるのみ。左から2、3枚目は六兼屋のデッキの前のシデに来たヤマガラ親子。ヒナはまだ枝をつたうのもへたくそです。エサ代からひまわりをとってきてくれた親に一生懸命口を開いて見せて、もらおうと思っているようです。さて、親の仕事はあと何日ぐらい続くのかな。

右の1枚は、コゲラの、こちらも巣立って間もないヒナのようです。ようすを見ていたら、コゲラの親鳥が林の気の間を飛んでようすを見ているのがわかりました。近づけないようなので、遠慮して部屋に戻りました。

小鳥たちは雛が巣立ってもまだ手がかかるようです。でも、六兼屋の庭にいるということは、ここは安全だと思ってくれているのでしょうね。

|

« クレマチス | Main | ジキタリス »

Comments

The comments to this entry are closed.